外壁塗装をする場合に、後から追加で工事料金が発生することは基本的にありません。
契約前に打ち合わせをした見積もり通りの請求金額になります。

契約時の料金確認

契約前には料金の打ち合わせを塗装業者と念入りにします。
塗料にかかる費用や付帯部分などの修復や塗装のありなしといった細かい料金に関しても事前に決めておきます。
その結果材料費や人件費の調整を業者がしてくれますので、その後に料金が追加で発生することは基本的にはないのです。

追加料金が発生してしまうケースとしては、お客様の希望により見積書にはない追加の作業を依頼した場合です。
現地調査や見積もり時には発見できなかった不具合を、実際に作業をしている際に発見した場合には、お客様の要望で不具合箇所を修復することが可能です。

そういった場合には、追加の工事となりますので別途料金が発生してしまいます。

勝手に追加料金が発生することはない?

作業中に問題箇所があったからといって、業者の独断で勝手に修復をして料金を発生させることは原則できません。
その理由には、工事前には安い見積もりを提示しておき、不具合箇所をどんどん発見して多額な追加請求をするような悪徳業者がいるからです。

見積もりの段階では他の業者よりも圧倒的に安いことから契約したにも係わらず、工事が終わってから多額の請求が来てしまってはトラブルになります。
外壁塗装のトラブルで一番多いのが追加作業によるものなので、必ず追加料金が発生する場合にはお客様の判断を聞いてからの作業をします。

業者の言いなりにならないようにする

上記の例ほどひどいものではありませんが、中には巧みなセールストークで料金を追加されるケースがあります。
例えば、見積もりにない箇所ですがこの部分もやった方が良いですよと業者から指摘をされれば、お客さんとしてみれば当然お願いするのが普通です。

さらに、将来的にここもやっておく必要がなどと不安を仰ぐようなことを言われてしまっては断る理由もなくなります。
しかし、契約前に業者が現地調査をしているわけなので、追加で次から次へと問題となる箇所が出てくること自体がおかしいのです。

大切なのは契約前に業者に調査診断書と仕様書をもらうようにして、家のどの部分にどのような施工が必要なのかを把握しておくことです。

悪徳商法をしている業者も少なくないため、予めきちんと現地調査をしてもらい、追加料金が発生しないことを約束してもらえばトラブルを防ぐことができます。