外壁塗装はいつ行えば良いのか、疑問に感じている人も多いでしょう。
マイホームの寿命を少しでも延ばすためにも、適切に時期に塗り替えをするのがおすすめです。

外壁塗装の塗り替え時期の目安

一般的に言われているのが外壁の塗り替え時期は、家を建てて10年を経過した後と言われています。

普段はそれほど意識することがない外壁ですが、10年もする雨や紫外線によりボロボロになってしまします。
新築後の10年後に1回工事をしたら良いというわけではなく、10年後20年後と10年周期で塗装をすることで家の美観や機能性を維持し続けることができます。
忘れがちになってしまうため、予め予定を立てておくことで、塗り替え時期を把握して早めの準備をしておくと安心できます。

外壁塗装と家の寿命の関係

定期的に外壁塗装をしている家と、まったく家のケアをしていない家を比較すると寿命が3倍も違うと言われています。そのままにしておくと、外壁の劣化により家自体が弱くなってしまったり、雨漏りしてしまう原因にもなります。

劣化が進んでしまい手の付けようがないほどになってしまってから外壁塗装をしても意味がありませんので、そうなるまえに対処しなければいけません。手遅れになってからでは費用も多くかかりますし、家自体の劣化を早めてしまいます。

状況に応じて適正時期を検討する

外壁の傷みを目で見て分かる場合には早めに塗装工事を検討してください。

例えば、外壁に大きなヒビや塗装の剥がれがある場合、カビや錆が発生して腐食してしまう場合もあります。
さらに危険なのがチョーキング現象と呼ばれるものです。
外壁の塗料は防水効果があるものが一般的ですが、チョーキング現象が起きている壁は防止効果がなくなっている証拠です。

そのまま過ごすことは家の寿命を縮めることになり、良いことではありませんので、できる限り早めに塗り替えをするべきです。
10年が一般的な目安になりますが、状況に応じて早めに外壁塗装を検討しなければ手遅れになってしまいます。

まとめ

このように一般的な目安としては10年ごとに塗り替えをしていれば問題ありませんが、立地条件などにより外壁の劣化が異なります。
10年経過していないからと安心しているのではなく、定期的に外壁を見るようにして、ケアをしながらマイホームを長持ちさせることを考えてください。
少しでも不安に感じる箇所がある場合には、気になっている部位を撮影するなどして早めに業者に相談しましょう。