今最も注目されている塗料がラジカル塗料です。
2015年に販売された実績の少ない塗料ですが、従来の塗料よりどのようなポイントが優れているのか違いを紹介していきます。

ラジカル塗料とは

名前の由来になっているラジカルは、酸素、紫外線、水などが顔料に接触して生まれる劣化因子です。

塗装をしてから徐々に劣化してしまうのはラジカルが発生して、塗膜を劣化させてしまうことが原因です。ラジカル塗料は、この劣化に注目して作られていて、ラジカルの発生を抑えながら塗膜を劣化させにくくしてくれます。

配合されているラジカルを抑制する成分は、高耐候酸化チタン、光安定剤です。
ラジカルを外に出さない性質とラジカルの発散を抑える効果があるため、2つの役割から塗膜の寿命を高めることができるんです。

ラジカル塗料のメリット

ラジカル塗料は一般的に使用されているシリコンより少し高く、高級塗料と言われているフッ素より安いグレードになります。
工事費用全体で考えればシリコンとそれほど大きな差がないため、単価が比較的安いのはメリットです。
耐久性に優れている塗料で、シリコンの約1.5倍ほど長く塗膜の寿命を保つことができます。

汚れが付着しにくく外壁の寿命自体を延ばせることにも注目です。
扱いやすい1液型の塗料なので誰でも簡単に塗布できるため、依頼する業者によって大きな仕上がりの差がありません。
下地を選ばず塗ることができるので、幅広い部分に塗布が可能です。

ラジカル塗料のデメリット

他の塗料と比較しても優れていると感じられますが、まだ実績が少なく知名度も低いです。
そのため、この塗料を扱ったことがある業者も少なく、依頼する業者を探すのも一苦労です。

また実際に10年以上経過した結果が一般家庭ではないため、あくまでも実験結果に基づくもので考えられています。
本当に耐用年数通りの結果になるのか現在では判断が難しいため、無難に考えるのであれば実績の多い塗料を選択する方が良いでしょう。

今すぐ使うべき塗料なのか?

メリットだけを見ると優れていることがすぐに分かるほどの塗料です。
比較的安価で作業効率も良いという反面、実績が少ないことが大きな不安となってしまうでしょう。
どうしてもこの塗料にチャレンジしてみたいという人でない限りは、実績のあるシリコンなどを検討した方が安心できます。

簡単に塗り替えができないため、ラジカル塗料を検討している場合には、使用経験がある業者としっかり話し合うようにして、納得した上での使用を検討してください。